敏感肌 ファンデーション

ファンデーションの使い分けで敏感肌メイク

 

敏感肌のメイクは、その時の肌状態によって気を付けたいポイントが変わってくるので、化粧品の選び方が本当に重要になってきます。

 

私は元々肌が弱く、子供もの頃はアトピーに悩まされた時期もありました。大人になった今でも、肌トラブルが起こりやすい体質だと思います。

 

肌の状態は安定せず、毎日使用していたスキンケアで、突然トラブルが起きてしまったり、敏感な状態が悪化すると、化粧水が染みてしまうほどカサついてしまうこともあります。

 

部分的にオイリーになってしまうこともあり、そのせいで化粧が浮いてしまうこともありました。そこで敏感肌の方にオススメしたいのが、ファンデーションの使い分けです。

 

いつも同じものを使えたらいいのに、と思うかもしれませんが、ファンデーションの使い分けで肌状態も良くなるので、是非試して欲しいと思います。

 

洗顔後につっぱってしまったり、潤いが足りないと感じた時は、ウォーターベースのファンデーションを使用します。驚くほどに仕上がりが違いますし、ファンデーションの潤いが強いので、しっかりと密着しているのが分かります。

 

マットな状態が続くので保湿されているのを感じられます。だからこそ成分選びはしっかりと行うといいかもしれません。反対に痒みが強く、オイリーな部分があり肌荒れが目立つ場合は、洗顔料で落とせるパウダーファンデーションを選ぶようにしています。

 

洗顔料で落ちるので、肌への刺激も抑えられますし、薄付きに仕上がるので、肌にトラブルがある時は助かっています。メイクをしないで済むのが一番かもしれませんが、仕事でのメイクはマナーでもありますから、上手く付き合っていくしかありません。

 

もちろんスキンケアも大切な時間ですが、このように敏感肌におすすめなファンデーションを、その時の肌状態に合わせて使い分けていくことも、重要だと思います。敏感肌は、気候やストレスでも大きな影響を受ける場合があります。肌状態を良く観察して、自分に合った化粧品を見付けるのがオススメです。

 

また、メイクだけでなくスキンケアも敏感肌さんにはとても大切です。
メイク方法をはじめ、日々のスキンケア方法などお肌の悩みを持つ方はおすすめなサイトがあったので参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

敏感肌ラボラトリー|お肌に優しいスキンケア・ファンデ探しに!!